ギャンブルを題材とした名作映画

ギャンブルを題材としたおすすめの名作映画をまとめました。まだ見ていなければ、ぜひお試しください。では、早速見ていきましょう。

いつでもどこでも本場のカジノが体験できる一番人気のオンラインカジノVeraJohnで、1600種類を超えるオンラインカジノゲームをプレイスタート!

1) ラスベガスをぶっつぶせ (2008)

ロバート・ルケティック監督作品。本作は型破りな数学教師、ミッキー・ローザ(配役:ケヴィン・スペイシー)にカードカウンティングを学んだ6名のMITの学生の実話をベースとしています。医学生のベン・キャンベル(配役:ジム・スタージェス)がハーバード大学医学部進学に必要な30万ドルを稼ぐために、仕方なくカードカウンティングのチームに入る場面はみどころです。このチームは何度かラスベガスに乗り込み、ブラックジャックで数百万ドルを稼ぎますが、残念なことに、欲、自信過剰、権力などにかき乱され、チームは危機に陥ります。

2) ハイローラー:ストゥ・アンガー物語 (2003年)

A. W. ヴィドマー監督作品。本作は実話を元にしたストゥ・アンガーの伝記的映画です。ストゥ・アンガーはポーカーの第一人者として知られ、WSOP(ワールドシリーズ・オブ・ポーカー)のメインイベントで唯一3回の優勝を果たした人物です。

この映画はストゥ・アンガー(配役:マイケル・インペリオリ)の数奇な生涯を描き、彼の大勝負時代から没落まで、人生の出来事を余すところなく伝えています。

3) カジノ・ロワイヤル (2006年)

マーティン・キャンベル監督作品。本作では007とも呼ばれるジェームズ・ボンド(配役:ダニエル・クレイグ)はMI6の諜報員として、テロ組織の資産を運用する投資家、ル・シッフル(配役:マッツ・ミケルセン)と対決しています。

映画の中でボンドは、高額ポーカーゲームでテロ組織の資金を集めようとするル・シッフルを阻止します。

ギャンブルの名シーンとしては、ル・シッフルと対決するボンドがポーカーで見事な手さばきを見せ、「オール・オア・ナッシング」の賭けに負けた後、席を立つ場面があります。

映画の結末では、ボンドはル・シッフルの企てを防ぎ、テロ組織を壊滅させることに成功します。

4) シンシナティ・キッド (1965年)

ノーマン・ジュイソン監督作品で、ギャンブル映画の古典的名作。この映画はその時代におけるポーカーの巨星、ランシーを倒さずにはいられないキッド(配役:スティーヴ・マックイーン)の挑戦を描いています。

イカサマ、裏切り、銃撃、アクション、女など様々な要素が散りばめられた、展開の早いスリリングな作品で、映画全編を通して、手に汗握る場面が続きます。

とても刺激を受け、鼓舞される作品で、ポーカーゲームに臨む前に自信をつけてくれるでしょう。

5) ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い (2009年)

トッド・フィリップス監督のコメディ映画。本作はギャンブルのシーンはあるものの、ギャンブルが主要テーマというわけではなく、ラスベガスへのバチェラー・パーティー(独身最後の馬鹿騒ぎ)旅行を題材としています。

3人の悪友、アラン(配役:ザック・ガリフィアナキス)、スチュ(配役:エド・ヘルムズ)、フィル(配役:ブラッドリー・クーパー)は結婚式の2日前にバチェラー・パーティーを企画しました。しかし、ラスベガスで花婿のダグ(配役:ジャスティン・バーサ)が消えてしまい、彼を探しだすのに大変な苦労をします。この映画から有名なセリフ「ベガスでやったことはベガスに置いていけ」が生まれました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *